MF212 空気圧ゴム人工筋を用いた膝部パワーアシストウェアの開発 

講演者氏名(所属)
○則次 俊郎(岡山大学)、高岩 昌弘(岡山大学)、佐々木 大輔(岡山大学)、滝本 亮(元 岡山大学)
開催日・会場
MF21 パワーアシスト (F室; 10/2, 09:30-09:45)
講演要旨
高齢者や身体障害者の立ち上がり動作などを支援するための着用型膝部パワーアシストウェアを開発する.小型・軽量化および着用時の拘束感をできるだけ低減するため,軽量かつ柔軟な空気圧ゴム人工筋をアクチュエータとして用いる. ウェアの構造と基本特性を示した後,実験的に評価した立ち上がり動作支援性能などについて考察することにより,開発した膝部パワーアシストウェアの有用性と実用時の課題などについて議論する.
現場の方から聞きたいポイント
実用性の評価.実用時の課題など
声を聞きたい現場の職種
〕学療法士、∈邏販屠〇痢↓げ雜酳〇禹痢↓Ε罅璽
関連展示等

プログラムへ戻る