MG321 容量結合型筋電センサの固定方法

講演者氏名(所属)
○梶谷 勇(産業技術総合研究所)、樋口 哲也(産業技術総合研究所)
開催日・会場
MG32 センサ (G室; 10/3, 10:45-11:00)
講演要旨
運動機能障害者の生活を支援する機器(生活支援機器)の操作入力装置の選択肢の一つとして,筋電と呼ばれる生体信号を用いた装置(筋電インタフェース)の開発を進めている.操作入力装置への適用においては,装着時の負担を軽減することが極めて重要であるため,我々は手軽に装着可能な筋電センサとして,容量結合型の筋電センサを開発している.本稿では,このセンサの利点を生かし,手軽にセンサを固定する方式を提案し,その評価結果を報告する.
声を聞きたい現場の職種
〕学療法士、∈邏販屠〇痢↓4埜郢奸↓げ雜酳〇禹痢↓ゼ匆駟〇禹痢↓Ε罅璽供↓Г修梁勝糞岨菫具士)

プログラムへ戻る