MG221 触覚バイオフィードバックに基づく歩行リハビリ支援システム 〜第5報:立位バランスと接地パターン識別性能による評価〜

講演者氏名(所属)
○岩田 浩康(早稲田大学)、相子 文孝(早稲田大学)、駒形 亮吉(早稲田大学)、菅野 重樹(早稲田大学)
開催日・会場
MG22 上肢訓練・下肢訓練・リハビリテーション2 (G室; 10/2, 11:00-11:15)
講演要旨
本稿では,片麻痺による歩行障害を抱える脳卒中患者に対し,麻痺側足底圧を非麻痺側肢体表面に圧刺激呈示する足底圧-触覚バイオフィードバックシステムの開発設計ならびに,当該システムを用いた立位バランスと接地パターン識別性能に関する片麻痺患者を対象とした臨床評価結果について報告する.
現場の方から聞きたいポイント
新たなRT装置の導入への期待あるいは抵抗感はございますでしょうか.
声を聞きたい現場の職種
〕学療法士、∈邏販屠〇痢↓げ雜酳〇禹

プログラムへ戻る