MG133 電動車いす操作におけるドライバモデルの開発

講演者氏名(所属)
○伊藤 太久磨(東京大学)、井上 剛伸(国立身体障害者リハビリテーションセンター・東京大学)、小竹 元基(東京大学)、鎌田 実(東京大学)
開催日・会場
MG13 車いす (G室; 10/1, 15:30-15:45)
講演要旨
本研究では,電動車いすの乗りやすさを向上させるためのシミュレーション手法に必要な,電動車いす操作におけるドライバモデルの開発を行った.実験は電動車いすシミュレータと実機を用い,曲がり角での右折時の操作行動を記録した.そのデータを元に,操作特性の把握とモデル化を行った.開発したドライバモデルは電動車いすの車両特性を反映したものとなった.また,ドライバモデルの利用法を提案し,その有効性に関して検証を行った.
声を聞きたい現場の職種
Ε罅璽供↓Г修梁勝陛兎絢屬い硬合専門職)

プログラムへ戻る