MG122 義足動力学特性計測システムの開発

講演者氏名(所属)
○内藤 尚(大阪大学)、竹村 亮介(大阪大学)、松本 健志(大阪大学)、田中 正夫(大阪大学)
開催日・会場
MG12 義肢・装具2 (G室; 10/1, 11:00-11:15)
講演要旨
現在のモジュラー型の義足は,さまざまな部品を組み合わせて製作され,使用者に適合するよう調整されることで完成する.そのため完成した義足の力学的特性は使用者毎に様々である.完成した義足の質量,重心位置,慣性モーメント,関節の受動特性などの動力学的特性は,義足の調整や再製作をする上で有用なデータとなりうる.本研究では,力センサおよび関節角度計測システムを用いた義足の動力学特性を簡便に計測するシステムを構築したので報告する.
現場の方から聞きたいポイント
どのくらい計測を簡便にすれば臨床で使ってもらえるか
声を聞きたい現場の職種
Г修梁勝糞岨菫具士)

プログラムへ戻る