MG113 能動上腕義手をあきらめる前に知っておくべきこと

講演者氏名(所属)
○大西 謙吾(岡山県立大学)
講演会場,時刻
MG11 義肢・装具1 (G室; 10/1, 10:15-10:30)
講演要旨
本報告では,能動上腕義手の適切な処方と利用を目標として,その課題と筆者らの取り組みを示した.能動義手は日本において利用状況は極めて低い.筋電位制御式の義手と比較し,優れたフィードバック系を有し,特に上腕切断者の自立には非常に有効な道具となりえる.筆者らは,能動上腕義手の技術的な問題がシンプルな構造ゆえ調整が難しい点にあることに着目し,コントロールケーブルシステムに関する基礎実験と数値シミュレータの作成を進めた.これら取り組みの中間報告と今後の課題について述べる.
現場の方から聞きたいポイント
能動上腕義手に関する知識,取り扱い経験,処方・セラピー時の基準(特に注意している点など)とその時の疑問点
声を聞きたい現場の職種
∈邏販屠〇痢↓4埜郢奸↓げ雜酳〇禹痢↓Г修梁勝弊扱然芦覆琉綮奸▲ぅ鵐拭璽鵝義肢装具士)

プログラムへ戻る