MF221 カラーユニバーサルデザインを考慮した券売機の検討

講演者氏名(所属)
○河原崎 徳之(神奈川工科大学)、鈴木 智喜(神奈川工科大学)、中越 渉(神奈川工科大学)、吉留 忠史(神奈川工科大学)、西原 主計(神奈川工科大学)
開催日・会場
MF22 環境 (F室; 10/2, 11:00-11:15)
講演要旨
色覚に障害のある人にも配慮し、多くの人に見やすい配色、つまりカラーユニバーサルデザインを考慮した券売機について検討した。さまざまな色覚障害者でも分かりやすい画面背景と切符ボタンの組み合わせを3つのフェーズに分けて段階的に求めた。その際、色覚障害者の見え方に色を変換するソフトウェアを用いて見え方の評価を行った。さらにタッチパネルを利用したパソコン上でのシミュレーションを行い、券売機の操作性や操作時間の検討も行った。
声を聞きたい現場の職種
Ε罅璽

プログラムへ戻る