MF123 吊り上げ式パッシブ歩行支援機(患者の転倒防止・体重免荷装置の開発)

講演者氏名(所属)
○安達 辰也(東海大学)、甲斐 義弘(東海大学)、藤井 直樹(いすゞ自動車)、小金澤 鋼一(東海大学)
開催日・会場
MF12 起立・歩行支援2 (F室; 10/1, 11:15-11:30)
講演要旨
高齢化に伴い、歩行機能に障害をもつ患者の増加が予想される。患者の自立した生活、介護者の負担軽減のための歩行支援装置が求められている。歩行支援機はこれまでに多くの研究者によって開発されてきたが、それらはアクチュエータ駆動式のものであり、安全性・重量や保守性において問題がある。本研究では、モータ等のアクチュエータを用いずに、バネやダンパーなどの機械要素のみを用いて患者の転倒を未然に防ぎ、患者の体重を免荷する歩行支援機について述べる。
現場の方から聞きたいポイント
現場からのご意見
声を聞きたい現場の職種
〕学療法士、4埜郢奸↓Ε罅璽

プログラムへ戻る