ME313 看護者のためのボディメカニクス学習支援システムの試作

講演者氏名(所属)
○安田 寿彦(滋賀県立大学)、石橋 宗篤(滋賀県立大学)、伊丹 君和(滋賀県立大学)、豊田 久美子(滋賀県立大学)、石田 英實(滋賀県立大学)、田中 勝之(滋賀県立大学)
開催日・会場
ME31 バイオメカニクス1 (E室; 10/3, 10:00-10:15)
講演要旨
看護および介護の現場において看護師および介護者の腰痛が深刻な問題となっている.腰痛の主な原因は看護・介護動作時の腰部への過剰な負担である.この負担はボディメカニクスを活用した看護・介護動作を行うことによって軽減することができる.本研究ではボディメカニクスの自己学習あるいはグループ学習に活用できるシステムを試作した.学習に使用することを考慮して,姿勢計測のセンサの装着を容易にする工夫を行った.試作システムを使用しベッドメイキング作業中の姿勢の計測を行い,本システムの有効性を検討した.
声を聞きたい現場の職種
〕学療法士、∈邏販屠〇痢↓4埜郢奸↓げ雜酳〇禹

プログラムへ戻る